育毛剤の成分

抜け毛を予防するために大きな味方となるものは「育毛剤」です。お家で毎日行っているヘアケアの中に育毛剤を取り入れて、一歩進んだ抜け毛の予防法を実践してみましょう。

自分に合った、良い育毛剤を使いたいものですが、育毛剤にはたくさんの種類があり、どんなものを選んだら良いのか悩ましいですよね。

一言で育毛剤といっても、その効能は様々です。それぞれの育毛剤に使われている成分を参考に選んでみましょう。

髪に必要な栄養は血液から送られてくるのですが、血液の流れを良くして髪の成長を促進する働きを持つ成分には以下のようなものがあります。

・センブリエキス

昔から胃薬として使われていました。胃に効果のある成分が何故?と思う人もいるかと思いますが、内臓と頭皮は関係が深いということです。胃の血行を良くすることで、頭皮の代謝を活発にして、発毛を促進する効果が認められています。

・ビタミンE

血管の保護をすると同時に血管を拡張する働きがあります。血流が増加するので、抜け毛だけでなく、しもやけなどにも効果がある成分です。髪の毛根に刺激を与えて、細胞を活性化させる成分には以下のようなものがありますよ。

・ニコチン酸ベンジル

毛根や頭皮を刺激して血行を良くする働きがあります。

・トウガラシチンキ

トウガラシは血行を良くして体を温める効果があります。胃薬としても使われていて、消化を促進させ、食欲増進効果もあります。トウガラシチンキはトウガラシの効能を直接肌につけることができるもので、頭皮を刺激して抜け毛を予防する効果があります。